街コンを使って「自分の思い」を言わせるまた、「素直」であるとは“男を立てる”ということです。

地域を見る目を養う普通、二干代前半で年収六百万円を超える男性というのは、そう大勢いるわけではありません。

しかし、どうしてもあなたが、年収八百万円以上の暮らしを望むというのなら(きっと今は、五百万円以下で暮らしているのでしょうけれど)、若い時は年収四百五十万円くらいの安定した職業の男性を探して、自分が二百五十万円くらいの年収を稼げそんな男の隣りでニコニコ笑っている女より、「人生は二人で築くものだ」と思って未来の絵を描く女性の方が、毎日が充実した人生を送れるはずです。

男選びでは、今の男の貯金通帳や日時や社会的地位を見るのではなくて、将来稼げるお金や未来の彼の出世像を見る目を養うことが大切です。そして男を出世させることのできる女こそが、本当の意味で「玉の輿に乗る力のある女」なのです。

鶴男にとって”かけがえのない女”とは

また、私の周りでいい男性とめぐり合い、幸せな結婚生活を築いている女性たちには共通点があります。それは男たちの「足りないもの」を満たしているということです。

 若者(男)はどんなお金持ち、成功者と言われる人であっても、人に言えないつらさを隠し持って生きています。世間から何不自由なく暮らしていると思われがちな有名人やお金持ちであっても、いい女は「男の気持ち」をつかむのがうまい


東京の街コン